TYPE HS ダイス回転式パイプ端末加工機

本機は、銅管をスェージングを主体として設計されたダイス回転式端末加工機であり、
併せて1クランプ1パンチプレス式端末加工機です。クランプ金型はType HWと共用です。

【特徴】

■コンパクト

シンプルな外観、作業性を考慮した縦型・横型の2モデル。小さな設置面積等、機能的、効率的設計です。

■抜群の操作性

ユ-ザ-の立場を考え、細部にまで配慮の行き届いた設計がされています。 初心者にも操作が簡単、保守も容易です。 クランプ金型、パンチの交換はワンタッチです。

■スペシャリスト

銅管のスェージング加工に最適。 固定した銅管と回転するダイスとの間に発生する摩擦熱を利用する方法で、 プレス方式では到底得られない高い絞り率が、1クランプ1ダイスで得られます。

■広い加工範囲

ダイスの前進後退は油圧駆動であり、回転を止めての 1クランプ1パンチのプレス方式の加工が可能です。 従って金型・パンチの交換によりスェージング・エキスパンディング・ビーディング・フレアリング等、広い範囲の加工形状が得られます。

■速い加工速度

1クランプ 1ダイスで高い絞り率が得られる為、結果的には効率的な加工方法といえます。 また、Type-H2Sでは両端同時端末加工を行います。

■優れた加工精度

加工精度に対する要望は年々厳しくなりました。当社が長年にわたり積み重ねてきた機械製造技術、金型作成のノウハウにより誰にでも高度な製品が得られます。

◎主軸回転はモーター連動、その他作動系は全て油圧駆動、シーケンサー制御です。
◎同型機及び自動供給排出機種例は下記とします。
 ・HS-25AT-P
 ・H2S-25(両端同時加工機)

【加工断面】

【主要目】

資料請求・お問い合わせ