TYPE HSB ローリング式パイプ加工機

本機は、内・外成形ローラー(一方ないし両方)の上下方向、偏芯回転により所定の形状を得る方法です。

主として加工形状及びそれと関連してパイプ必要外径等、制約を受けます。(引き合い時、お打ち合わせ)

【特徴】

■コンパクト

シンプルな外観、作業性を考慮した縦型・横型の2モデル。小さな設置面積等、機能的、効率的設計です。

■抜群の操作性

ユ-ザ-の立場を考え、細部にまで配慮の行き届いた設計がされています。 初心者にも操作が簡単、保守も容易です。 クランプ金型、パンチの交換はワンタッチです。

■スペシャリスト

=曲げ後の端末加工及び超薄肉パイプ加工=

湾曲した直管部の短いパイプや超薄肉のパイプ等はパイプの座屈を利用するプレス方式では、クランプの滑りが発生してしまい加工精度が得られません。本機は図のようにパイプの内側及び外側の一方ないし両方をローラーで上下方向に押し付けることにより加工する方法である為、クランプの滑りとは無縁で、この様なパイプの加工には最適の機種です。

■優れた加工精度

加工精度に対する要望は年々厳しくなりました。当社が長年にわたり積み重ねてきた機械製造技術、金型作成のノウハウにより誰にでも高度な製品が得られます。

◎主軸回転はモーター連動、

その他作動系は油圧駆動、シーケンサー制御です。

◎同型機機種例は下記とします。

・PSB-40 (横型)

【加工方法】

【加工断面】

【主要目】

資料請求・お問い合わせ