TYPE SUPER CUT 油圧式高速自動パイプ切断機 [スーパーカット]

スーパーカットは、MATSUMURAがパイプ加工の効率化に向け

開発・実用化した自社ブランドです。

バイトを回転させて切断する方式により、カット面の仕上がりが良く、パイプの歪みによる危険性や余分な材料の
キズも解消され、散乱しません。 またバイト切り粉の分離シュート、先端末、残端末の分離シュートなど使いやすく、
セット替え(外径・長さ)も、簡単で短時間で出来るように配慮。あなたの企業の省力化をサポートします。

パイプを回転させないため、キズがつきません。

■材料投入

一度に2,000kgまでの束をそのまま乗せられます。材料の先端をほぼ揃えて、ねじれのないように静かに操作してください。 残っている材料を整理台に置き、ローダーベルト巻上げクラッチを切り、新しい材料を入れ、高さを見てクラッチを入れてください。 この順序で操作すれば、機械を止めることなく材料の補充ができます。

■バイトの送り機構

バイトが材料に当たり切削しはじめる直前までは早送りが出来ます。また切削送りに入り切断完了後は早戻りします。 なお切削送りは油圧機構に組み入れられていますので、チャックを完了しなければバイトは送り出されません。 また戻りもバイトが戻りきってからチャックが開きます。切削送りのスピードはフローコントロールバルブにより無段階に調整できます。 バイトの切削送り開始、戻りはカムにより指示されます。カムのセットの調整により最短の切断時間が得られます。

■先端切

材料の先端をトリミングする必要のあるときは、操作盤の先端切スイッチを“有”にしてください。 またフィダーレール上に材料長さに合わせてセンサーをセットしてください。 セットした位置から材料が通過した時、自動的に送りスピードが遅くなり、チャックし先端を切断します。

■数量設定

寸法設定(ストッパーの固定)と同時に必要な切断数をカウンターにセットしてください。 セットした切断数が完了すれば自動的に機械の切断工程は停止します。その時カウンター下のタンプが点灯してそれを表示いたします。

■バイトの取付方法

セットは非常に簡単です。 付属のゲージによってセットしてください。 材料外径の大小にかかわらず切断芯は一定ですから、一つのゲージでバイトのセットができます。外面取バイトと同様です。

【主要目】

資料請求・お問い合わせ